TVPRO.LAST 番組制作会社ラスト | TV番組制作・音楽出版
c_last.gif(1085 byte) moji.gif(1622 byte)
toiawase.gif(944 byte)
TEL:(代表) 03-3770-7250
page1.gif(2299 byte) page-bar.gif(818 byte)
Executive Editor JITSUZO SHUDO
shuto.gif(13873 byte) エグゼクティブ編集者
これまで「NHKスペシャル」・「プロジェクトX」「ハイビジョンスペシャル」など大型番組の番組編集者として組織をけん引する。
言葉数が少なくここ一番の集中力・制作能力は穏やかな性格ながら研ぎ澄まされている。昭和42年生まれ、1児の父親の横顔は優しい。趣味は格闘技と映画鑑賞。

Chief Editor TOMOKO IDE
ide.gif(15528 byte) 番組チーフ編集者。
会社設立と同時にラストに参加。美大卒の持ち前の美的感覚と洞察力で「日曜美術館」、「素敵な宇宙船地球号」、「真剣!10代しゃべり場」、「パパサウルス」など多岐にわたって活躍している2児の母。頼れる女性として多くの支持者を持つ。

Chief Editor KAZUTAKA HIRASAWA
hirasawa.gif(14411 byte) 番組チーフ編集者。
フィルム時代から編集者として余りに数え切れない番組を作り上げてきた巨匠。
TBS「そこが知りたい」から、「NHK全国音楽コンクール」「ブラタモリ」まで、守備範囲は広い。

ComposerCHIHIRO NAKAHARA
uemura.gif(11172 byte) 作曲家・アレンジャー。日本音楽著作権協会 正会員。
DAWやキーボードのプレーヤーとしての顔も持つサウンドクリエーター、数多くの番組テーマ曲を手掛ける。

Chief Producer KYOKO NEGAMI
wait.gif(11172 byte) 昭和28年、日本テレビ第一期生として、数々の足跡を TVに残してきた。現役ディレクター。
天皇陛下ご成婚では、蹄の音をつけたのでは後世に語り継がれている。
日本で初の海外ロケを敢行した女性ディレクターでもある。現在、毒ガス製造の拠点であった広島・大久野島の自主制作映画を製作中。自身の風船爆弾の製造動員、226事件の電話をかけたのは根上さんの自宅という、まれな戦争体験を語り継ぐ。

Singer&SongwriterONO SATORU (小野サトル)業務提携
1983年「よこはまチャチャ」でデビュー、レコード大賞・有線放送大賞など17の新人賞を総なめ受賞する。
「ひとりきりのラブソング」「長崎物語」などヒットを飛ばしつつ、JASRAC入会楽曲提供も行っている。弊社レーベルで「ショットグラス」作詞 唱一徹 作曲 穂口雄右 編曲 水谷公生をリリース、歌のうまさは秀逸である。
https://youtu.be/Ic_kld1fyJ4

DJ/MCNORIKO ABE (のんちゃん)業務提携
ラジオパーソナリティー。 フラワーラジオ 「鴻巣フラワータイム」「のんちゃんのスイスイスパイス」など多くの人気ディスクジョッキーを務める。
その傍ら、婚礼司会歴20年約3000組のカップルのお手伝いや、マナー講師として、企業や職種、個人にそったビジネスマナーを教える、まさに「現場に後れをとらない柔軟な動くMC」として活動している根っから前向きで明るい女史。

Adviser NOBUAKI NAGATO
wait.gif(11172 byte) 大手企業でインターネット初期からサーバーシステムやプログラムを構築・管理をしてきたITソリュージョンのエキスパート。ē-TAXの開発統括はあまりにも有名。 これからの弊社のIT戦略の顧問として経験と実績と知恵をお貸しして頂く。

Chief Editor AKIHIRO YOSHIDA
yoshida.gif(11172 byte) バランス感覚と経験、そして人柄で誰からも愛される編集者。その能力は言うまでもなく一流。
丁寧な仕事と、受け答えが、安心感と重圧感がある。編集という文化を担っていくひとりである。2児の父親である。

Visual Director/ Music Planning Producer HIROYUKI NAKAYAMA
元IT大企業の人事部から、音楽と映像に魅せられて転身。持ち前のプログラム技術、音楽のセンスで新しい各界の旗手を発掘している。
その眼力は、10年後を見据えている。
さまざまなメディアプロデューサーとして、インターネットサイトの企画など、会社の持つ総合力を多角的に動かす2児の父である

Chief Editor YOSHIAKI KAZAMA
kazama.gif(13227 byte) 番組編集者。
コンピューターに造詣が深く探究心旺盛なとロジカルな編集者。ノンリニア編集の担い手。
「ウイークエンド・ジャパノロジー」を立ち上げ、「未来への提言」「ノンフィクションW」「ドラクロワ」とジャンルを超えた構成力と、客観性、そのスピード、クールだが無駄のないハンドリングは、新しい時代の「編集者」の香りを放っている。1児の父である。

Chief Editor SEIJI TAKAO
taka.gif(15196 byte)
幼少期から父親の仕事で中学までを海外で過ごし、アメリカンスクール・ICU卒と英語はネイティブスピーカー。責任感と集中力のあるそのスピードとフットワークは目を見張るものがある。趣味は野球・サッカー。

Visual Director SETSUO SATO
sato.gif(14715 byte) ニュース映像ディレクターをデスクとして統括するベテラン編集者。
40年を超えるキャリアは番組、ニュースに分け隔てなく、「バランス感覚と経験」で最大限映像の持つ意味や番組の伝える意味を把握している。ビルオーナーでもある。

ComposerMASAHIRO RYUU
matsu.gif(16579 byte) 作曲・編曲家。高橋由美子・シンシア・中野麻衣子などに楽曲提供する傍ら、フラメンコギターにも精通する。日本音楽著作権協会準会員。
自ら、歌手の発掘・プロデュースしながらあらゆるジャンルの楽曲提供を行う。尊敬する作曲家はラフマニノフ。ビートルズの漫談ライブをルーティンにしている。弊社では報道局ITプロも兼任する。

Visual Director TSUYOSHI EBISAWA
ebi.gif(17904 byte) ニュース畑を突き進んで25年。穏やかな性格と人懐っこさで、現場をスムーズにさせるキャラクターだ。
新しいことへの取り組みが実るよう、協力者が後を絶たない。1児の父親であり、人望と経験でデスク業務もこなしながら新時代を築いて道を切り開く編集者である。

Visual Director・CGdesigner YASUJI NAKANO
nakano.gif NHKニュースセンターでの経験と、ナルシズムから生まれる妥協のない映像感覚。 真面目過ぎるがゆえに、凝り性だが、映像構成力・エフェクトを自在に操るノンリニアでの合成は、 他の追従を許さない、秀逸な人材である。CDジャケットのデザインまで創り上げる、その評価は高い。

Editor MASATOSHI CHIBA
chiba.gif(11172 byte) 口数の少ない温厚な性格。しかし、カメラマンとしてのフィールドでの活動も続けている、アクティブな映像ディレクター。
まだまだこれから活動の範囲を広げていく期待の人材である。

Chief Director MIO KUMAGAI
週刊ニュース深読みを担当するメインディレクター。早稲田大学卒。女性ならではの視点で家庭と番組制作の「二刀流」を我々は、女性の働き方、輝き方の一人者になることを期待している。今期からは新番組「ろんぶーん」「ねほりんぱほりん」を担当。

Director MINORU HORIUCHI
wait.gif(11172 byte) 大学では法学部卒の顔を持つ。
「生活ほっとモーニング」から「週刊ニュース深読み」と、周りの信頼を勝ち取って将来、会社をしょって立つひとり。
自ら進んで多くの仕事をこなしていく姿は、我々の失いつつある「初心」を鑑みさせられる。 音楽にも精通している、2児の父親だ。2018年4月からは報道局ITプロデスクに就任、ニュースセンターの新しい中継、素材伝送のIT化に向けて邁進する。

Composer TOMOHIRO UEMURA
uemura.gif(16575 byte) 作曲家・編曲家。日本音楽著作権協会正会員。
音楽ソフトにめっぽう強い。ジャズセンスの良さ映像制作経験から、「映像演出との相乗効果」を現場目線で柔軟に取り入れ、番組テーマ音楽、BGM等多数を作曲編曲。九州生まれの力強い若手として将来を期待されている。

Visual Director KATUMORI MORI
長崎生まれ、ニュース、番組、エンターテインメント、なんでもこなす昭和42年生まれのクリエーター。
とにかく長崎を愛してやまない男は、Jリーグ地元サッカーチームの応援では中央で「銅鑼(どら)」をたたきまくっている。

Editor RYO KOMATSU
wait.gif 米国大学映像学科卒業。英語力、ファイナルカットの応用力もさることながら、劇団の脚本を手がけたり、PV制作を敢行したりとさまざまな一面をもつタフガイ。
元気の良さで気持ちよく仕事が出来る若者が少なくなった中、非常に切れが良い対応がうれしい。

Interpreter REIKO MORITA
reiko.gif(11172 byte) カムチャツカで6年間、国立大学講師を務め、ロシア語通訳ガイド検定の資格を持つ、ロシア語が堪能な女史。
外交文書の翻訳から、シベリア抑留者墓参団、サハリンプロジェクトの通訳ガイド、日露友好事業などの通訳ガイドなど、弊社マネージメント業務から通訳まで守備範囲は広い。早稲田大学卒。





『快眠サポート飲料』

朝までぐっすりの快眠